手放すチャームブレスレットの活かし方

ミニマリストのチャームブレスレットジュエリー

みなさま、おはようございます。

日々使い、「これでなくちゃ」と思えるジュエリーのみで生活する実験中の私ですが…

ジュエリーボックスをやめてみる
腕時計やアクセサリーはStackers(スタッカーズ)のジュエリーボックスに収納しているのですが、使うものだけにした結果、ミニマリストのアクセサリーになりつつあります。

長年愛用していたチャームブレスレットを手放すことにしました。

チャームブレスレット

なぜかチャームブレスレットに憧れがありました。
手首でちらちらするのも綺麗だし、ひとつひとつのチャームに思い出があったり、チャーム自体小さくて細かくてかわいさがあって…そんな憧れが詰まったものだったのです。

もの自体としては好きなのですが、腕周りや首まわりのアクセサリーは、指輪やイヤリングに比べるとちょっと苦手。そんな気づきもあって、ブレスレットを手放すことにしました。

シルバー製のブレスレットは丈夫で、白さもずっと保たれていて、まだまだ次の方に使っていただけそうです。
でもチャームにはそれぞれ思い出があって気に入っているので、どうにか自分の元で役立てたくて。

そんななかでひらめいたのが、チャームをチャームだけで使うこと。

チャームの使い道

使いやすくてお気に入りだけど、ちょっと味気ない無印のメッシュポーチに、キーホルダー代わりに付けてみることにしました。

ペンケースには、以前の勤め先の後輩にパリのお土産としてもらったメダイユと、中学生の頃、英検2級に合格して父に買ってもらったブレスレットの一部。

KindleとAirPods Proのポーチには、シルバーのクマと、母がくれた一粒パールネックレスの真珠。

貴重品ポーチには、大切な友人からもらった金色のメダイユと、小さなシルバーの貝がら。ポーチ内のパーカーのペンとメダイユの金色がマッチしているのがお気に入り。

どれも小さなチャームなので、ジッパーの持ち手を少し持ちやすくする程度の、ちょうどいい存在感です。
シンプルなグレーのメッシュポーチがちょっと私らしくなった気がするのも嬉しい。

好きなものは近くで使いたい

もともとの使い方でなくても、ものを役立てることはできるのだな、と感じています。
ブレスレットとして使わなくても、日々手に取るポーチにいつもいる、ということがとても嬉しいです。
まっすぐに捨てる!手放す!というのではなく、新鮮な発想で今あるものをなるべく大事にする、ということをこれからも続けていきたいです。

 

壊れたロンシャン、こう使う
用事があってバッグが必要になりました。壊れてしまったロンシャンのバッグを、ちょっと工夫して使うことにしました。
使い道のないポーチをKindleケースにする
出番の少ないポーチにKindleを入れることにして、日常使いすることにしました。ふだんの生活でちょっと気になることが改善されたり、新しい役目を見つけられると嬉しくなります。
修理して使いたいから、新しいものはまだいらない
身の回りのものがお気に入りばかりになるにつれ、新しいものを買いたい気持ちもあまりなくなってきました。直して使うことが最も自然な選択肢になってきたことについて書きました。

ブログランキング参加中です。
「いいね」ボタンを押して応援してください♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

日本一時帰国で食べたいお菓子はじゃがりこです
ジュエリー
Simple, Beauty, Well-being
タイトルとURLをコピーしました