使い道のないポーチをKindleケースにする

ミニマリストのKindle住まいと暮らし

みなさま、おはようございます。

暮らし方によって、それまで毎日使っていたものを全く使わなくなったり、その逆もあることをこの1年くらいで実感しています。

私にも急に使わなくなったものがあります。
そのひとつが、無印良品のメッシュポーチ。

便利だけどしまったままのポーチ

ひとつは貴重品ポーチとして日本円やパスポートなどを入れて、常に金庫の中に。

もうひとつは、とくに使い道がなく…

ごくたまに、の使い方

全く使わないわけではなく、たまに使っています。
ふだんはバッグなしで出かけていますが、たとえば病院に行くときなどは、こんなものが必要になります。

  • 現金
  • スマホ
  • 家の鍵
  • ハンカチ
  • Kindle
  • ハンドサニタイザーとウェットティッシュ
  • ワクチン手帳
  • マイボトル
  • 折りたたみ傘
  • パスポート(場合により)

このようなときは、ロンシャンのプリアージュネオをショルダーバッグにして持ちます。

壊れたロンシャン、こう使う
用事があってバッグが必要になりました。壊れてしまったロンシャンのバッグを、ちょっと工夫して使うことにしました。

私の持っているこのバッグは、バッグの中に小さなポケットが1つあるだけなのです。
こまごまとしたものをそのまま入れると、バッグの中が黒色なのもあり、とても探しにくくて。

そんなとき、無印のメッシュポーチが活躍します。

シンガポールの街を散策したときも、小物はこのポーチにまとめてすっきり。

でも、普段は出番が全くないのです。

ふだん使いできる役目を見つけた

それとは別に、ここ最近思っていたことが、Kindleにカバーがなくて心もとないこと。

家でもそのまま保管したり使っていますが、画面に小傷がついたりして気になる。大事に使いたいので、何かスリーブ式のカバーのようなものが必要かも、と思っていました。

でもそれ専用のを買うのもな…と、いつも通り買わずになんとかしたいと思っていました。

そのとき、病院やシンガポール旅行のときに使ったメッシュポーチのことを思い出しました。
普段はしまわれてばかりだし、これをケース代わりにしてみようかと。

サイズもいい感じ。

ちょっとしたことですが、手持ちのものをこうして何かの役に立たせ、日々の生活で使えることが嬉しかったりします。

タイトルとURLをコピーしました