シャンプーバー、コンディショナーバーをはじめました

ヘアケア

みなさま、おはようございます。

なるべくごみを出さない生活「ゼロウェイストリビング」を実践するようになってから、キッチン周りの次に取り組みたいと思っていたのが、バスルーム周り。

毎日の習慣でなるべくごみを減らすにはどうしたらいいのだろう?と調べて、シャンプーバー、コンディショナーバーを試してみることにしました。

固形タイプのシャンプーとコンディショナー?

シャンプーやコンディショナーを固形でというのは、私には新しいアイディアでした。
シャンプーも固形?洗えるの?使い勝手はどんな感じだろう?と興味と共に湧く不安。

日本ではまだまだ選択肢が少ないようですが、LUSHとethiqueは比較的簡単に見つけられそうなので試してみることに。

バータイプのシャンプーが私に合うかわからなかったので、より安価にスタートできそうなLUSHをチョイスして、それまでのプロダクトが使い終わってから切り替えました。

LUSHのシャンプーバー、コンディショナーバー

店員さんに初めて使うことと希望する仕上がりや香りを話して、一緒に選んでもらったのがこちら。

シャンプーはイエローの「レディゴダイバ」
コンディショナーバーはピンクの「アメリカンクリーム」

どちらも良い香りがします。
置いているだけでもかなり香りがするので、使ったら頭痛がしたりするかな、と少し心配しましたが今のところそれもなく使えています。

使い勝手は、意外と全然使えちゃう。
シャンプーは手でも泡立つし、髪に馴染ませればすぐに泡が広がって液体シャンプーと変わらない泡立ち。

コンディショナーの方が少しコツがいりそうです。
泡立たないのでよく手に馴染ませたり、髪に直接石けんをつけます。

仕上がりは液体で得られる「整えた」感じとはちょっと違って「洗った」という感じ。
私は髪の手触りがすべらかになる液体より頭皮を洗った感じのする固形の方が好きな洗い上がりです。

髪が絡んだり少しきしんだりもするので、より丁寧に水で流したり、ブラッシングしたり、水気を取ったり、タオルドライ後にオイルを丁寧に馴染ませる必要があります。

ひとつひとつの動作を慈しみながら楽しむことにしたら、当たり前だった髪を洗うということが、ほかならぬ自分を大切にし、綺麗にする時間だという実感が湧いてきました。

ミニマルバスルーム

バーたちは、こんな風に置いています。

置いているものは石けんおきではなく、100円ショップで見つけた料理用の万能網。
私は顔を洗うのも体と同じ牛乳石けんなので、バスルームにある洗浄剤はこの3つだけです。

プラスチックの容器が必要なくなったので、出るゴミは少なくなりました。
容器が必要ないってすごくシンプルでいいなーと思います。
バスルームで容器がぬめりを帯びる心配がないことも、すごく良い。

まとめ

「シャンプーとコンディショナーは液体」という当たり前を疑ってみてよかったなと思います。
これが私の新しい当たり前になることで、自分が出すごみを減らすチョイスができていることも嬉しいです。

これを機に、バータイプに替えてみようかな?と思う方が増えたら嬉しいなと思います。
私も他のブランドのものも試して、自分に一番合うものを探してみますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました