ミニマリスト女性の一番小さいバッグとその中身

ミニマリスト女性のバッグCOACH 17994ファッション

みなさま、おはようございます。

今日は私の大好きなバッグのひとつを紹介します。
ブログにも何度か登場しているお気に入りです。

COACH(コーチ)17994

以前のバッグ紹介の記事にも書いたのですが…

今までで一番少ない、ミニマリストの愛用バッグ
今までで一番少ない数のミニマリストの愛用バッグを紹介します。ひとつひとつがお気に入りで、使わないときもクローゼットから取り出して眺めています。

COACH(コーチ)の型番17994というバッグです。
この形に類似したバッグのことを英語ではdinky bagとも呼ぶようです。

この端正な長方形と、ターンロック(フラップを開ける金具)の慎ましいお顔が好きなのですよねえ…開け閉めもしやすく使いやすさ抜群で、上質な革の肌触りが本当に良くて。

ヴィンテージと間違って紹介されていることもあるのですが、こちらは「いわゆる」ヴィンテージではありません。

こちらの発売は2012年頃だと思います。80年代を中心にしたオールドコーチと呼ばれるCOACHのヴィンテージ品に着想を得て、リバイバルとして発売されたものです。
この頃同じ背景で発売されたシティバッグがどうしても欲しくて父に5万円借りて購入したのですが、その頃店員さんたちが朱赤の17994を下げて接客していたのを覚えています。

ちなみに、借りた5万円はその後バイト代を貯めて1万円ずつ父に返済しました。笑
銀座のCOACHに取り置いてもらって買いに行った当日は、なぜか父も一緒でした。
父とは腕時計、バッグ、スーツなどの趣味が合うのですが、こういう買い物のとき一緒だと頼りになるので…当時の私は大学4年生で、ブランドのお店に入るのも初めてだったので、ついてきてもらったのだと思います。

書いていて思いましたが、確かに80年代に発売されたものではないけれど、それでもちょうど発売から10年なのですね。このバッグもいつの間にかヴィンテージ新入生になっていましたね。(しみじみ)

その頃も17994が気になってはいたのですが、買うと決めていたシティバッグとサイズ違いの似たようなバッグを2つも買えないので、その時はあきらめました。

それが10年の時を経て(!)やっぱり欲しい、今の生活でも十分役立ててあげられる!と思い、メルカリやラクマで探し求めて数ヶ月、やっと手にしました。

ポケットに入るくらいの荷物しか

開けるとこんな感じです。
かなり小さいバッグで、身につけても小さいです。
メインの収納の他には、外側と内側に1つずつスリップポケットがあります。Suicaや絆創膏などにちょうど良いですが、小さすぎて他にちょうど良いものが浮かびません。

実際に荷物を入れてみました。

  • スマートフォン
  • 二つ折り財布
  • ハンカチ
  • 口紅
  • ハンドサニタイザー

少ない荷物でお出かけするときの荷物がぴったり入る感じです。
でも実際は、お財布がかさばるのと重くなるので、お金だけ入れることの方が多かったかも。

内側のスリップポケットにお札とクレジットカード、小さながま口に小銭をほんの少し。こんなバッグの中身でよく出かけていました。

私はとにかく小さなバッグが良かったので17994を選びましたが、同じ形でもう少し荷物が入ると嬉しいという方には、9755という型番のものがオススメです。
背面にもポケットがあり、バッグ自体も17994より少しだけ大きいのでとても使いやすいと思いますよ。pocket purseという名称でもヒットすると思います。

ストラップはお直し済み

この写真からも分かると思うのですが、ストラップはかなり短くしています。
はじめは結んで使っていたのですが、結んだきり伸ばすことがなかったので、長く使いたいし、いっそお直しに出そうということで、靴やバッグの修理をしてくれる町のお店に持って行きました。

私が斜め掛けするとこんな感じです。こうやって見てもちょっと短いですよね。
でもこれがもう少し長いと、歩くときに腰でバッグを蹴ってしまって(?)とても邪魔に感じます…勢いよく歩きすぎなのでしょうか…

世の中の人は長いショルダーストラップで邪魔に感じないのかな?私だけ?と長いこと不思議に思っています。私の身長は170cmなのでストラップは長くても良いような感じもするけれど、どうにも使いにくいのです。

冬に厚着した上から斜め掛けすると、ストラップが短くてきつくなるので(笑)そういう時はアウターの下にバッグを持っています。軽くて小さいバッグだからアウターの下でもあまり気になりません。

ちなみに、10年前に購入したシティバッグもどうにもショルダーストラップが長い気がして。長さ調節可能なストラップだけれど穴の数が少なかったので、COACHのお店に持ち込んで追加で穴を開けてもらいました。

斜め掛けするとその長さでちょうど良いのですが、一方の肩のみにさらっとかけるスタイルでも使おうとすると、ちょっと長いので、さらに穴を開けたいと密かに思っています。
そうするとストラップの余った部分が長いので、短く切ってもらって綺麗に処理してほしいなあ…またお直しに出すかもしれません。笑

バッグという相棒

愛用している17994、本当に小さなバッグなので、ポケットに入るくらいの荷物しか入りません。
だからポケットでも良いのですが。(ホーチミンシティでは実際にそうしているけれど)

でも大好きなバッグに身の回りのものを詰めてお出かけするのって楽しいですよね。
たとえ車や電車に乗らなくても。繁華街まで出なくても。行きつけのカフェに行くだけ、お寺まで散歩して市場で野菜を買うだけでも、好きなバッグを持つことってとても嬉しいです。

「靴とバッグならどっち?」と聞かれたら、私は断然バッグ派です。
靴も好きだけれど、バッグの方がずっと自分の相棒のような感じがしますし、気を抜くと必要な分以上に集めたくなってしまいそうな感じがします。笑

次の日本一時帰国では、10年前に購入して、ここ数年は妹が使っていたシティバッグが私の元に戻ってきます。久しぶりの再会なので、クリームでうるおいを与えることと、また私の元で活躍してくれるのが今から楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました