フーコック旅で気づいたこと|装い編

みなさま、おはようございます。
フーコック旅で気づいたことについてあれこれ書きたいと思っているのですが、思ったよりいろいろあるので3編になりそうです。
今日は、装い編として2つのことについて書きたいと思います。

旅の服は薄くて軽いものに限る

以前、タイに旅行したときの気づきとしても書いたのですが、今回も改めて思いました!

タイ旅行で気づいたこと|服装編
タイへの旅で気づいた服装にまつわることを書きました。どんな服を持っていくのが良いか、あったら良かったと思うもの、暑い国でもアウターは必要なのか、靴のおすすめなど...参考になれば幸いです。

実は旅の前にショートパンツを買おうかと思っていて、デニムやチノ素材のものでもいいかなあと思ったのですが、旅先でリネンパンツを手洗いしてすぐ乾いたのを見て、やはり乾きやすいものに限る、と思いました。
もちろん洗うことを想定せずにデニムやチノでもいいと思うのですが、洗いたいと思ったときに乾きにくいのはやはりわたし的にマイナスだなあと思いました。

自宅で洗濯する時も乾燥機能は使わず部屋の中で干すので、やはり乾きやすいのが一番、と思います。
こちらに持ってきた服で最も乾きにくそうなのはデニムワイドパンツですが、デニムとしてはかなり薄い生地なので軽くて早く乾きます。

リネン素材でウェストゴム、ポケット付きのちょうど良いショートパンツが見つかるまで、気長に待とうかなと思います。

ディナーはちょっとだけおしゃれしていこう

今回の旅は「海でのんびり&ディナーはちょっとオシャレしたい」が個人的なテーマ。
というか、だいたいの旅は自然でのんびりしているのですが。
観光やお出かけはほとんどしないので、ホテルの中で過ごすディナーは少しだけオシャレする、そんな気分の変え方をしてみたいなと思っていたのです。
そのために今回の旅で活用したのは、ワンピースとイヤリング。

ワンピースを着ていってみる

ワンピースは、こちらの2着を持って行きました。
黒い方はすぽっと楽に着られて、黄色い方は羽織にもなります。
交互にディナーに着ていきましたが、たまにストールをワンピースの上に巻きスカート風に重ねてイメージを変えてみたり。

荷物になるようだったら、ワンピース1枚でもいいかなと思います。自分のためだから、髪型やアクセサリー、ストールの巻き方で変化をつけて楽しめたらそれでいいのかなと。

同じホテルに泊まっていて、ディナーの時に2度見かけたインド系アメリカ人の女性は素敵だったな〜と今でも思い出します。
ある晩は白いリネン素材のマキシワンピース。次の晩はネイビーに白い大きな柄のゆったりコットンワンピース。

インド風の柄の光沢のある布でできた小さなクラッチバッグ、というかポーチのようなものをさらっと持っていたのも素敵でした。
私は今回の旅ではキプリングのマルチプルをクラッチ風にディナーに持って行ったけれど、やはり美しい小さなバッグって好きだな〜と思いました。
祖母の形見の着物や帯がたくさんあって、特に着物は家族の誰にもサイズが合わないので、着物でクラッチ風の薄いポーチを作るのも素敵かも。

ディナー用にアクセサリーを持っていく

こちらは以前別の記事にも載せた、今回の旅に持って行ったアクセサリー。
小さな天然石がシャンデリアのようについたイヤリングと、プールのような鮮やかブルーのイヤリングをディナーの時にもつけました。
次に旅に出る時は、以前紹介したセシル・エ・ジャンヌのイヤリングをもう少し持って行こうかなと思います。

フランスのジュエリーブランドCécile et Jeanneの魅力
大好きなフランスのジュエリーブランドCécile et Jeanne(セシル・エ・ジャンヌ)について書きました。手持ちのイヤリングについてひとつずつ写真付きでご紹介します。

まとめ

旅の服はやはり薄くて軽い、乾きやすいものに限る。
ディナーに行く前にはワンピースに着替えて、存在感のあるイヤリングをつける。
たったそれだけなのですが、それでも自分的には気分良く過ごせました。

ほかの気づきについても順次書いてまいりますので、よろしければまた覗いてみてくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました