ニャチャン旅での気づき|持ち物編

みなさま、おはようございます。
今日はニャチャン旅での気づき、持ち物編です。
旅のたびにああでもないこうでもない、と試行錯誤している私ですが、そんなのも意外と楽しかったり。

マイボトルは必須

前回のフーコック旅の反省でも「これは要る!」と書きましたが…

フーコック旅で気づいたこと|いるもの、いらないもの編
旅の荷物は毎回吟味していくのですが、やっぱり「あれはあればよかった!」「これはいらないかも!」というものがあります。次回の参考にするため、気づいたことをまとめました。

やはりマイボトルは必須でした!今回は持って行ってよかった。
海でも街でも、水を入れたボトルがあるだけで安心できます。
暑いので、欲しいと思った時にすぐ水分が取れることは大事です。カフェに入るとしても、すぐ近くにない場合もあるので。

今回は客室に置いてある無料のお水が瓶入りで重かったので、これでは観光に行く時は持っていけないなと思いました。
マイボトルがあったおかげで、カフェする以外に飲み物を買う必要はありませんでした。
マイボトルがなかったら、街中でペットボトルの水を買わなければならなかったなと思います。

温暖旅ではウルトラライトダウン不要かも

パッキングの段階で「要るかなあ?」と思ったけれど持って行ってみたウルトラライトダウン、要らなかったです。フーコック旅の時も使わなかったような。
空港や飛行機で寒いかも?と思っても、リネンシャツとコットンのストールをすぐ手に取れるようにしていたので、ダウンはバックパックのサイドポケットで眠ったまま。
温暖から温暖への旅では、必ずしもなくても大丈夫かも?と思いました。

Kindleがあればいつでも本の世界に

フーコックでの旅以上に、今回はKindleが大活躍。
以前はKindle Unlimitedを契約していなかったので、購入した本を読み終わった後は、かなり前に購入した電子書籍を再読しました。

それも良かったのですが、今回は興味に合わせて好きなものを好きなだけ読めたので良かったです。
旅のほとんどの時間、ビーチで寝転がってのんびりするかラウンジでお茶しているので、そんなときすぐ本の世界に入れるのがとても良かったです。

シャンプーコンディショナー持参もあり

歯ブラシや歯磨き粉は使い捨てにするのが気になるので自宅から持って行きます。
石けんは日焼け止めが落ちにくかったりさっぱり洗えないと気になるので、数泊する場合はこちらも自宅から持って行きます。

シャンプーやコンディショナーはいつもホテルに置いてあるものを使うのですが、今回はこれが、かなり自分に合わず難儀しました…!
シャンプーでは髪がきっしきしになり、コンディショナーは水?!と思うくらいなんの手応えもなく、4泊ともばっさばさの髪で過ごしました。笑

こんなに素敵なバスルームでしたが、これまで偶然合うものだっただけで、アメニティが合わないことはあるのだな、と学びました。

また、これまで訪れたホテルでは大きめのボトルが備え付けてあり中身が補充されるタイプだったけれど、今回のホテルは小さなプラスチックチューブタイプ。
容器が使い捨てになるのも気になったので、これは自宅のミニサイズのシャンプーコンディショナーを持ってくるべきだったかも、と思いました。

アメニティの中には香りが強いものもあるし、せっかくのバスタイムはさっぱりと気持ち良く過ごせた方が嬉しいから、譲れないものは持参するのが良いかもですね。荷物が増えてしまうけれど。

ホホバオイルは万能

今回の旅には持っていかなったのですが、改めて思ったのが、ホホバオイルは万能だなということ。
顔の保湿に使っても良いし、ヘアセットにも使えるし、日焼けした肌をしっとりさせるのに使ってもいい。

冬や乾燥する場所では個人的には白色ワセリンが好きだけれど、温暖な気候のもとではホホバオイルくらいがちょうど良い気がします。
普段の生活でも白色ワセリンとホホバオイルを持っているけれど、無くなったらホホバオイル1つで行こうと思います。それまでにこちらで気に入ったものが見つかれば嬉しいな。

まとめ

ニャチャン旅での気づき、持ち物編として、持ち物にまつわるあれこれについて共有しました。
次回は旅の気づきとして最後、体験編です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!何か参考になることがあれば嬉しいです。
「ミニマリスト」ランキングのバナーをクリックいただけると励みになります!

タイトルとURLをコピーしました