手入れして大事にできる物の量は意外と少ない

ファッション

みなさま、おはようございます。

ホーチミンシティに来て、平日の日本時間朝7時にブログをアップするようになった1月下旬から、もう4か月以上経つのですね。
休暇のときなどは更新をお休みしながらですが、こんなにちゃんと続いていて、ちょっと自信になります。
毎日よくそんなに書くことがあるもんだ、と思いつつ、自分にとっても大事な時間になっています。
日記のようなブログですが、遊びに来てくださる方、いつもありがとうございます!

さて、今日はいただいたお便りを2通ご紹介しながら、最近考えていた「お手入れのこと」について共有したいと思います。

いただきものを手放して後悔なし

1通目はありささんから、先日のいただきものの記事についてお便りをいただきました。

差出人:ありささん

件名: いただきものの記事について

美咲さん、こんにちは!
何年も前からブログを読ませていただいてます。
(同い年なので、とても親近感を抱いていて、いつも楽しみにしています!)

今回のいただきものを手放す記事、ものすごく共感しました。

「いただきもの」を手放したこと
心苦しいと思いつつ、いただきものを手放したことについて書きました。どなたかの参考になれば嬉しいです。

私も先日結婚したときに、上司から素敵な器とシャンパンを頂きました。
私は器に並々ならぬこだわりがあるので笑、頂いた器は絶対に使わないだろうと思いました。
またお酒は私も夫も家族も飲まないので、何年も肥やしになりそうだな、、と思いました。

結局美咲さんと同じ、メルカリでお譲りしました。

多少罪悪感を抱き、なんてひどいことをしてるんだろう、とも思いましたが、物からしてみたら嫌々所持されているより、喜んで買ってくれる人の元にあった方が嬉しいよね、なんて思うので、後悔はしてないです。

最近は美咲さんのブログにつられて、新しいものは買わず修理して使ったり、不要なものは手放したりしています。

これからもブログ楽しみにしてますね♪

ありささん、お便りありがとうございます。
同い年かつ、何年も前からブログをお読みいただいているのですね、そのことを知ってとても嬉しいです。そして、ご結婚おめでとうございます♪

お祝いでいただいたもの、気遣っていただいた気持ちがとても嬉しいですよね。
贈り主の方の「お祝いの気持ちをこの物に乗せて贈りたい」という気持ちを、たっぷり受け取ることが大事かな、と思っています。
いただきものを生活の中で大事にたくさん使っていけたら最高ですが、贈り主とこちらの好みが完全にマッチするわけではないから、なかなか難しいですよね。

物からしてみたら嫌々所持されているより、喜んで買ってくれる人の元にあった方が嬉しいよね、なんて思うので、後悔はしてないです。

メルカリでお譲りしたとき、「素敵なお品物をありがとう」「とても可愛いので購入しました」というメッセージをいただいて、大事にしてくれる人の元に行けてよかった!と心から思いました。私も後悔なしです!

実はおずおずとアップした記事だったので、共感のお声をいただけてホッとしました。ありがとうございました♪

服に手間をかける良さ

続いて、以前お便りを紹介したMAOさんからまたお便りをいただきました。ありがとうございます!

差出人:MAOさん

件名: こんにちは!

4月12日のブログでお便りを紹介いただいてありがとうございました!

「考えすぎる癖」を手放す
2013年の「考えない技術」という記事を大切に読んでくださった方からお便りをいただきました。昔からつい考えすぎてしまうのですが、少しずつではあるけれど、考えすぎない癖がついてきたかも、ということについて書きました。

あれから悩んだ時は、美咲様の「天におまかせ!」という考え方を思い出して気を楽にして過ごしております。
アイロンがけについて最近私も感じていたことがあったのでまたお便りを差し上げます。

私はアイロンが必要な衣服は買わないぐらい苦手でした。。
ところが最近になってなぜか作業が苦にならず集中できるようになっていたのです。
不思議だなと思ってはいたのですが、美咲様のブログを読んでとても納得できました。

瞑想は習慣にしてみたいと思っていたもののハードルが高く感じていたのですが、アイロンがけの無心な感覚と似ていることを教えていただいて少し身近に感じられました。
今に集中できますし、服もきれいになり、さらに心地よくなれるということで一石三鳥ですね!

心の動きをスローダウンする時間になっているという部分を読んで、私もいつも急いでいたので楽しめなかったのかもしれません。
そして今は少しは余裕持てるようになったのかなと嬉しくもなりました。
自分にとって苦だったことが、考え方や状況によって一転して心地いいことになる場合もあるのですね。

衣服も減らすだけがミニマルな生活ではないということも気づけました。
手間をかければ愛着も湧きますし、衣服の状態を確認して大事にしようと思います。
さっそく美咲様の真似をしてリネンシャツもアイロンしてみます!

ちなみに1番好きな家事は干すのも畳むのもスッキリするのでお洗濯です。
いつも大切な気づきをくださるブログを楽しみにしております。
長々とすみません。
お読みくださりありがとうございました。

MAOさん、お久しぶりです!またお便りをいただけて嬉しいです。

アイロンが必要な衣服は買わないぐらい苦手だったとのこと、ものすごく共感します。
社会人になる前に高価な綿の美しいシャツを購入したのですが、アイロンがけが大変…というかあまりに下手で、それ以来アイロンが必要な服は買っていませんでした。
MAOさんも最近アイロンがけが苦にならなくなったとのこと、なんだかお互いの状況が似ていて、タイムリーでしたね!

それから、実は私も洗濯が好きなんです。
洗濯機が回るのを見るのもちょっと好きだし、なんなら手洗いも好きです。
一番好きなパートは干すこと。畳むのも、溜めずに少しずつなら楽しんでできますよね。(溜めて面倒になることもよくありましたが笑)

小さいお子さんがいらっしゃったり、仕事が忙しいとそれどころではないと思うから、洗濯乾燥機が圧倒的に便利だと思いますし、私も将来使うかもしれません。
それぞれの生活の中で、できることをやればよいのですよね。乾燥機を使わずに手で干すことが丁寧な生活、なんてそんな風には思いません。

そしてMAOさんからのお便りで、ひとつ気づきがありました。

お手入れできる量だけ持つことのラクさ

衣服も減らすだけがミニマルな生活ではないということも気づけました。
手間をかければ愛着も湧きますし、衣服の状態を確認して大事にしようと思います。

MAOさんのこの言葉に、本当にそうだな、と思いました。
私が手入れしながら大事にできるものの量は、かつて自分がそうできると思っていたよりずっと少なかったのだな、とも思います。

今の暮らしでは、リネンシャツ3枚、リネンパンツ1枚、リネンワンピース1枚は、洗濯したらアイロンをかけています。ついでに、配偶者のワイシャツにもアイロンをかけます。

毎日たくさん洗濯物が出るわけではないから、アイロンをかけるのは日に1〜4枚くらいですが、それでももう十分、と感じます。
ご家族が多かったり、1日に何枚もとなれば、アイロンいらずのシャツの方が良い場合もありますよね。

もしアイロンが必要な服をたくさん持っていても、私はお手入れしきれない、そんな気がします。
リネンシャツも、今は3枚ありますが、2枚で十分足りると思っています。

綿でもニットでも革でも、お手入れする場合もあるし、そうでなくても、痛みや染みが無いかなど、ときどき状態を確認することはありますよね。たぶん私は、たくさんの服についてそれをすることは無理だなあ、と自分で思っています。
ほんの数年前まではそこそこ服を持っていたけれど、私の服の適正量は思った以上に少なかったのだな、と今になって思います。

まとめ

今日は2通の嬉しいお便りを紹介しつつ、服のお手入れについて感じたことを書きました。
服だけでなく、持ち物のあらゆるものにはお手入れが発生しますよね。修理したり、拭いたり、洗ったり。
自分が手入れしながら大事にできる範囲の物の量は、実はそんなに多くはないということを忘れなければ、物を増やしすぎることもなくなるかな?と思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!何か参考になることがあれば嬉しいです。
今日確認したら、「ミニマリスト」ブログランキングのINランキングが14位、OUTランキングが10位になっていました!いつも応援のクリック、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました