ミニマリストのアクセサリー収納|Stackers(スタッカーズ)ジュエリーボックスレビュー

ジュエリー

みなさま、おはようございます。
ここ数ヶ月考え続けたことに、決着がつきましたのでご報告です。

…ジュエリーボックスを新調しました!

まずはこれまでの収納と、新調するにあたって考えたポイントを紹介しますね。

ジュエリー多い系ミニマリストのアクセサリー収納

以前ご紹介した通り、これまでは無印良品のアクリルケースに収納していました。
ジュエリーも1つずつ紹介しているので、よろしければこちらもご覧くださいね。

ミニマリスト的...じゃないアクセサリー収納を紹介します
ミニマリストでもそうでない方のものでも、アクセサリーやジュエリーを見るのが大好きです。2、3個のアクセサリーを愛用されている方の持ち物をうっとり眺めつつ、私は少し多め。お気に入りばかりで大切なコレクションです。

しかし、こんなもやもやポイントがあり、どうにかしたいと思っておりました。

  • 全部のアイテムがひとつの場所に入っていない
  • よく使うもの、そうでないものを分けたい
  • アクリルケースだと持ち出しにくそう

ミニマリストが求めるジュエリーボックスの条件

そこで、ジュエリー収納を今の私にフィットする形に変えたくて、いろいろと調べる日々。そのなかで定まってきた譲れないポイントはこんな感じ。

  • ジッパーで閉まる
  • 普段使うアイテムが全て入り、見渡せる
  • 内容が変わっても数十年使えそうなもの

この条件だとトラベル用のアクセサリーケースが良さそうなのですが、トラベル用だと容量が少なめのものがほとんど。
ロングパールネックレスや大きめのイヤリング、腕時計もまとめたいので、なかなか全部入るものがない。

Stackers(スタッカーズ)との出会い

そんななか「これならいけるかも…!」と見つけたのが、Stackers(スタッカーズ)でした。

Stackersは定番のボックスタイプの他に、トラベル用のジュエリーケースも豊富で、しかもなかなか容量が大きい。見比べた末、この2つに絞りました。

トラベル用にしては2つともサイズは大きめ。
でも、ひとつの場所に収納したい私としてはむしろありがたい設計でした。

そして夜な夜な、収納したいジュエリーを並べ、メジャーで測り、入るかどうかを確かめる…(細かい寸法は分からないので、推測しながら)

すっかり「買わない生活」が板についてきて、買うなら長く責任を持って愛せるものを!と思っているので、何か買う時は、良い意味で気合が入ります。

それに、Stackersのジュエリーボックスは高価なので、失敗したくない。笑
Stackers発祥のイギリスや、そこまで行かなくてもシンガポールなら比較的安く購入出来るのですが、日本には発送していないようなのでネットで買うことに。
実物が見られないからこそ、サイズを測ることや使い勝手のイメージは大事!

Stackersのトラベルジュエリーボックスを購入

そして…ついに購入しました!
細長い方ではなく、奥行きと高さがあるこちらを選びました。

ちゃんと入っている〜!

購入前のデモンストレーションから微妙に配置を変えていますが、ぴったり入っていて気持ちが良い!
ここに入れていないジュエリーは、普段使っていないものなので、別にしています。
一連パールなどフォーマルウェアに合わせるものなので、次に帰省した時に、私と妹用のキャビネットにしまっておこうかと。

ちなみに、こちらの長細い方ではなく、奥行きのあるものを選んだ理由はこんな感じ。

  • 腕時計が2本入る
  • 仕切りを外せば多用途に使えそう

とくに2つ目の「多用途に使えそう」というのが大きな決め手でした。
収納する内容物が変わっても仕切りで調整できるので、たとえジュエリーでなくともこのボックスを長く使えそうだと思いました。
今は小さめのジュエリーもあるけれど、おそらく私は年齢とともに、存在感のある大きなものを好む気がするし、眼鏡も収納できるのでこちらを選びました。

この2つの仕切りが外せます。

まとめ

クローゼットにはこんな感じで鎮座しています。
普段はふたを閉めていますが、意味もなく開けては眺める毎日。笑
高い買い物でしたが、とっても満足。大事に使います。

ちなみに、無印のアクリルケースは父が腕時計をしまうのに使いたいそうなので、譲ることになりました。

以上、ジュエリーボックスの新調のお話でした。
何かご参考になることがあれば嬉しいです!

ブログランキング参加中です。
「いいね」ボタンを押して応援してください♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

日本一時帰国で食べたいお菓子はじゃがりこです
ジュエリー
Simple, Beauty, Well-being
タイトルとURLをコピーしました