ボールペンを使い切る

ミニマリストのボールペン文房具

みなさま、おはようございます。

ボールペンを使い切ることを意識して生活しています。

一見、なんだそんなこと?感がありますが、意識していないと、使いたい色とか、なんとなく黒いインクでとか、あまり考えずに使ってしまうようにも思うのです。

そして、このアイディアに出会ったのはあるブログ記事がきっかけでした。

ボールペンを使い切ろう

毎日のブログ更新を楽しみにしている、ミニマリスト筆子さん。

筆子さんが書かれた、こちらの記事がきっかけでした。
≫ 持たない暮しをめざすなら、ぜひマスターしておきたいボールペンを使い切るコツ

「1本のボールペンを決めて、それを使い切ろう」というもの。

その記事を読んで、確かにこれまで、意識的に「この1本を使い切る」と思ってボールペンを使ったことはあっただろうか?と思ったのです。
もちろん、自然と使い切ることは何度もありましたが、意識的にしたことはなかったのです。

筆子さんのボールペンに関する他の記事はこちらです。

≫ ボールペン1本生活をめざして。文房具を効果的に断捨離する7つのステップ。

≫ ボールペン1本生活になってわかった、私が物をためこんでいた理由とは?

≫ 7年持つはずのセブンイヤーボールペン・2017年に買った物

手持ちのボールペン

私はふだんベトナム語の勉強や頭の中の考えごとを書き出すのにノートとペンを使っています。

その時に使うペンやインクに優先順位をつけようと考えました。

というわけで、まずは手持ちのペンについてご紹介します。

現在持っているボールペンはこの3本。左から1本ずつご紹介します。

パーカー ソネット ボールペン ラックブラック

大学2年生くらいのとき、クリスマスにかこつけて父に買ってもらったボールペンです。

学生時代はこのペンにモレスキンノートが私のトレードマークでした。(ペンでは手が痛くなってしまうのでじきに万年筆に移行する)
万年筆を使い始めてからも、ボールペンを使うときはいつもこれを使用していました。

純正の芯がどうにも書きにくく、ジェットストリームの替え芯を入れています。この替え芯、青があったらなあと思うのですが、ないのですよね。

仕事をするようになって間もなくはこのペンを使用していましたが、営業職のときはフリクションとジェットストリームの方が使いやすく、家で眠ることが多くなってしまいました。

でも大切なものなので、こうしてベトナムにも持ってきて、普段はパスポートなどを入れているポーチと一緒にしています。

ノーブランド

ある時カフェで手紙を書こうと思ったのですが、ペンがないことに気づいて雑貨店で購入した100円くらいのものです。

書きやすく、ボディが軽く細くて持ち運びによく、海外旅行の時は入国カードを書くために必ず持って行きます。気軽に使えるのに機能性も申し分ないので、実はかなり活躍しています。

ジェットストリーム 4&1

以前こちらの記事にも登場した、ジェットストリーム。
≫ ホーチミンシティ生活で活躍しているもの5つ

自宅で書く作業が発生するときは、大概こちらの青ペンで書類に記入することが多いです。

0.7mmを使っていたこともあるような気がしますが、インクの減りが早く、かといって0.38は私には細すぎる…ということで0.5mmの芯を入れています。

正直、ペンならこれが1本あれば事足りる…!

どんな場合でもこれさえあれば何とかなる…ということはわかっています。笑
でも、あとの2本も大事なので、すぐ捨てよう!とは思えず。

使い切るための優先順位

どんな順番で使い切ろうか、と考えた時、まずは…

  • ジェットストリームの緑色
  • ノーブランド

ここから始めようと思いました。

理由は、緑色はまず使わないからです。

そもそも購入時、なんだか便利そうな感じがして4色ボールペンにしたのだと思いますが、緑色だけはこれまで一度も芯を替えていない気がします。
だからやっぱり、使う頻度はほとんどないのです。そんなわけで、ひとまず緑色を使い切ろうと決めました。

緑色、使い切る

使い切り大作戦開始から3か月…使い切りました!
そんなに残量はなかった気がするけれど、3か月もかかったな、としみじみ…
大したことではないものの、やっぱりきちんと使い切ると嬉しいですね。
ベトナム語の勉強も、考えごとを書き出すのも、ひたすら緑色でしました。

次はノーブランド

次はこのペンを使い切ります。
出番は多かったので、実は残量は結構少なめです。

しかし1つ迷っていることが。
芯を使い終わった後、どうしよう?ということ。
ジェットストリームもパーカーもあるのだから、本体も捨ててしまえばいい、という考えもあると思いますが、なんだかそう思えない私もいて。

青色の替え芯を買って日常的に使い続けることもできるな、事実、場面を選ばずに使いやすいのよね…でもそうするとジェットストリームやパーカーの出番が減って結局余剰にボールペンを持つことになる…

なんてうだうだと考えております。
ま、使い切ったあとは、ひとまずボディは保管しておいて、他のペンを使いながら手放すかどうか決めてもいいかな、と思っています。

以前は捨てることに喜びを見出しているようなところがあったけれど、今はなるべく買わない、捨てないがモットー。
手持ちのものを十分役立てられる場があれば、活かしたいなと思うのです。

その後、このノーブランドのペンも使い切りました。
≫ ひとつずつちゃんと使い切る|またボールペンを使い切りました

まとめ

ボールペンを使い切る!というあれこれでした。

筆子さんのブログ、他の記事もとても面白いので、ぜひ覗いてみてくださいね。

文房具は在庫を抱えがちなものの一つだと思いますが、使い切る習慣をつけたいなと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!何か参考になることがあれば嬉しいです。「ミニマリスト」ランキングのバナーをクリックいただけると励みになります!

タイトルとURLをコピーしました