私のお手紙セットを紹介します

文房具

みなさま、おはようございます。

私の趣味、というか毎週末の楽しみのなかに、手紙を書くことがあります。

「メールやLINEでいいんじゃないの?」と言われることもありますが、手紙ならではの楽しさが、あるのですよ。

  • 真っ白な便箋に好きな色のインクを入れた万年筆で文字を書く
  • 書きながら新しい気づきを得る
  • 季節や気分に合わせた切手を選んで貼る
  • 美術館や雑貨屋さんで見つけたかわいいポストカードや、自分で描いた水彩画のポストカードを選ぶ
  • 週に何度か、ポストに手紙が届いているのを見つけて嬉しくなる
  • などなど、手紙にまつわる行いのすべてが、私にとってはとても楽しいのです。

今日はそんな私に欠かせない、大好きなお手紙セットを紹介します。

お手紙セット用ファイル

こちらが手紙用品のファイル。
いつ購入したのか分からないくらい、長く使っている100円ショップのファイル。

銀行のキャッシュカードなどの貴重品管理に使っていましたが、違うポーチを使うようになったので、こちらをお手紙セット用にしました。

≫ 貴重品ポーチの中身|パスポート、印鑑、書類など

本音を言うとピンクよりもモノトーンな色の方が今の気分なのですが、この形が使いやすいのと(しかも身のまわりの100円ショップや文具店ではもう見つからない)、明るい気分になる色なので、これはこれで気に入っています。

お手紙セットの中身

開くとこんな感じ。
両面に網のポケットが付いていて程よく固定され、使いやすいです。
左側は毎回のお手紙では使わないもの、右側は毎回のお手紙で使うもの、という分けかたです。

毎回のお手紙では使わないもの

左側の、毎回のお手紙では使わないものはこんな感じ。

綺麗な桜のレターセットは、配偶者のもの。私の誕生日に手紙を書くために、わざわざ買ってくれたようです。大事なときに使いたくて、普段は使わずにとっておいています。

大仏柄の楽しい封筒は、鎌倉の文具店コトリで見つけたもの。他では見たことのない文具が見つかるので、いつ覗いても楽しいお店です。

その横の白い封筒は、私の定番品。
今使っている残りが少なくなってきたので、ストックとして持っているものです。

毎回のお手紙で使うもの

右側の、毎回のお手紙で使うものはこんな感じ。
便箋と封筒、ポストカード、切手。

便箋と封筒

便箋と封筒は、LIFEのものを愛用しています。
柄のあるレターセットを使っていたこともあるのですが、書き味やインクの色の出方の美しさが好きで、10年くらい使っているかも。

ポストカード

ポストカードは、受け取る人が好きそうな絵柄を見つけたり、美術館で気に入った絵のものがあれば購入することが多いです。

以前はコレクションのようにたくさん持っていましたが、ポストカードと出会った時の気持ちの冷めないままに届けたいから、今では少ししか買わないし、持たなくなりました。

何より、思いつきで水彩画を描きはじめ、ポストカードサイズの水彩画用紙に描くので、そのままお手紙として出すことも増えました。
「自分で作れる」ということはなかなかに楽しいもので、決して上手ではないけれど、趣味でもあり、重たすぎない贈り物でもあり、楽しい取り組みになっています。

切手

切手はわりとたくさんあります。

袋は3つに分けていて、それぞれ普通切手、63円の特殊切手、84円の特殊切手。

普通切手の額が細かいのは、海外にいる配偶者への手紙によく使うから。
切手にはおおらかにお金を使うことを許していて、日本郵便のウェブサイトで心が動いたものをチェックして、売り切れないうちに郵便局に買いに行きます。

便箋と封筒がシンプルなので、切手で季節感を出したり、手紙の内容に関連のあるものだったり、インキの色と合わせてみたり、選ぶことを楽しみにしています。

まとめ

切手やポストカードはそれ自体がコレクションになることもありますが、私はそれらが最終的には自分の手元に残らないということが好きなのです。

お気に入りの絵柄も手紙を受け取る相手に届くことが、ささやかなプレゼントのようで嬉しい。そんな「相手ありき」なところも好きなのです。

以上、私のお手紙セットのご紹介でした。お手紙好きの方の参考になれば嬉しいです♪

ブログランキング参加中です。
「いいね」ボタンを押して応援してください♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

日本一時帰国で食べたいお菓子はじゃがりこです
文房具
Simple, Beauty, Well-being
タイトルとURLをコピーしました