ミニマリストの海外引越しはスーツケース1つとバックパック1つだけ

海外暮らし

みなさま、おはようございます。

私は、スーツケース1つとバックパック1つで引越してきました。

引越しというか、むしろ長めの旅行くらいの荷物量です。
今日は、そんな私の海外引越しについて共有します。

一般的な海外引越し

配偶者の勤め先の駐在員や、私の元勤め先の駐在員のことを思い出すと、海外引越しサービスを利用する人が多かったように思います。

単身の場合や、期間が事前に決まっている場合は、身の回りのものをスーツケース2〜3個に詰めて行かれる場合もあると思います。

一方、家族である程度の期間暮らす場合は、段ボールに荷物を詰め、家を持っている方はその家をどうするのか決め、場合によっては家具などの大きなものを倉庫に預けて、海外に引越しするパターンが多いのかな?と思います。(私の周りの話なので、人によっては全然違うかもですが)

引越しする前の日本での暮らしや、引越し先での暮らしや住宅の設備、家族の人数や考え方で、かなり異なると思います。

私の海外引越し

私の場合は、もともとの持ち物が少ないのもありますが…

海外渡航を決めた時点で、持ち物をどうしても残したいもの、残す必要があるものだけにしました。

これまでの愛用品はメルカリやジモティーで次の持ち主を見つけたり、家族が使いたいと言うものは譲ったり。

渡航先での私の住まいはサービスアパートメントです。
設備やサービスはホテル同じですが、部屋にキッチンと調理道具、洗濯機、アイロンなどがあり、タオルとシーツの交換や掃除もサービスに含まれる、という内容です。

そうすると、持っていくものってあんまりなくない?と思い、バックパック1つとスーツケース1つに収まる荷物で渡航可能と判断しました。

海外暮らし、物がなくても心配いらない

渡航先で住まいを変える可能性もあります。
ものが多ければそれだけ管理する手間もあります。
盗まれたり、無くしてしまう可能性もあります。

その土地での生活に必要なものは、その土地で調達できる!と思えば…

  • 少しの服とジュエリー
  • 趣味のもの
  • どうしても使いたい食器
  • 日用品のストック
  • 貴重品

を持っていけば良いかな、という判断でした。

実家への引越しを経て感じた物の量

少ない荷物で渡航しようと思ったのも、実家への引越しで改めて自分の物量を俯瞰したら、思った以上にあると感じたためでした。

平均からはだいぶ少ない荷物で暮らしているという自負はあります。

でも、実家への引越し荷物をまとめてみると、段ボール箱15個+家具家電
今の私には多く感じました。

自分で持って移動できるくらいの物の量だったらいいな、それが無理でも車1台で引越しできるくらい物の量だったら身軽だな、と思ったのです。

まとめ

そんなわけで、ベトナムへは少ない荷物でやって来ました。

暮らしてみると、これとこれはなくても良かった!と思う物がいくつかあります。笑
しかし、あれを持って来ればよかった!と思う物は意外とありません。

生活するのに必要なものは、本当は本当に少ないのだな、と身を持って感じています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ブログランキング参加中です。
「いいね」ボタンを押して応援してください♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

日本一時帰国で食べたいお菓子はじゃがりこです
海外暮らし
Simple, Beauty, Well-being
タイトルとURLをコピーしました