低用量ピルを飲みはじめて3か月が経ちました

美容と健康

みなさま、こんにちは。
低用量ピルに興味を持って実際に服用を始めてから、3か月が経ちました。
その目的や飲み始めてからの変化などを共有します。

低用量ピルを服用しようと思った理由

人によって目的は様々だと思うのですが、私の場合は避妊です。
日本では避妊方法としてコンドームが最も一般的だと思うのですが、海外における避妊方法を調べたところ、その多様さに驚きました。

これまで私が持っていた避妊に対する考えはこんな感じ。

  • コンドームと安全日の確認(オギノ式)で大丈夫かな(心配は残る)
  • 妊娠の可能性があることはもちろん認識している(心配は残る)
  • もし妊娠したらそれはとても嬉しいことだし、もちろん産み育てると思う(心配は残る)
  • 過去、モーニングアフターピルを服用したことがある

自分なりに妊娠の可能性や避妊の工夫はしつつ、でもかなりの「心配が残っている」ことに気づきました。
毎月生理が来るまで少しドキドキしながら過ごすことが何回あったかな、ということも思い出しながら。
海外で多様な避妊ほ方法が存在することについて、こんな言葉を目にして衝撃を受けました。

妊娠、出産、子どもを持つことについて考えた

「妊娠や出産は女性の人生を大きく左右する。それを女性がコントロールすることは大切なこと」

確かにそうだな、と。
逆に、なぜそういった考えが今までの自分になかったのか不思議に思うほどでした。
自分なりの考えを持つように努めてきたつもりでしたが、やっぱり自分の中に「妊娠は間違いなく喜ばしいもの」「30歳なのだしもし妊娠しても良いのではないか」そんな前提があったことに気づきました。

そこで考えたのが、「私本当に子どもを授かりたいかな」ということ。
正直、まだ決めきれていません。決めきれなくて、一旦考えることを手放しました。

でも自分の中で自信を持って言えるのが、「今ではない」ということ。
いつか欲しいと思うかもしれない、来年くらいにはその思いが強くなっているかもしれない、でも今じゃない。
私には向こう3年くらいの生活拠点や仕事、生き方の目標があって、それを叶えたいと思う今、もし妊娠したら100%喜べるか分からない。嬉しいと思うけど、不安の方が大きいかもしれない。自分はまだ準備ができていないと感じるかもしれない。

だから「その時」まで「妊娠しない」というチョイスをしよう、と決めました。
もちろん、希望してすぐに授かれるわけではないのも承知しています。
ただ、今の私が私のためにできる最善のチョイスが、「今は妊娠しない」ということ。

そう考えると、これまでどおりの避妊方法では十分ではないと感じる。
今私がアクセスできる方法にはどんなものがあるんだろう?と思い、いろいろ調べました。

特に性教育Youtuberシオリーヌさんの動画は、分かりやすく大変参考になりました。
海外と比較すると、日本で選べる避妊方法はそれほど多くなく、また多くの場合婦人科に行く必要があります。
その中で自分には低用量ピルの服用が良いと考え、処方してもらうために婦人科へ相談にいきました。

選び方と購入にあたって

低用量ピルに種類があることは調べてから行きましたが、特にどれが私にとって良いのかは分からず、そのまま婦人科にかかりました。
前にも診てもらったことのある女医の先生は、私が低用量ピルを服用しようと思う一番の理由を確認し、処方できる低用量ピルの一覧を見せてくれ、それぞれの特徴について説明してくれました。

ホルモンの量が一定なものとそうでないもの。
ホルモンの含有量が普通のものとかなり抑えたもの。
21日服用するものと28日服用するもの。

正直どれが合うのかはよく全く分からない。笑
そんな私の様子を見かね、先生はいろいろとアドバイスをしてくださり、最終的には「マーベロン28」というものを試してみることに。

こちらを選んだ理由は以下のとおり。

  • 普段薬やサプリメントを服用する習慣がないので、毎日服用する28日タイプの方が飲み忘れがなさそう。
  • 生理をずらしたいときはプラス1週間ホルモン入りの錠剤を服用すれば良いという使い方がある。(今のところこの方法をとったことはないけれど)

合わなければ翌月または翌々月に違う種類に変えることもできるとのことだったので、まずはこちらで始めてみることに。

実際に飲んでみて|1か月目

飲み始めて2、3日すると、副作用として聞いていた反応が感じられるようになってきました。

  • 吐き気(朝、何も食べず電車に乗ると少し気持ち悪い程度)
  • むくみ感(私の場合は特に両ふくらはぎ)
  • 胸の張り(少し痛いかな、くらい)

ものすごく気になるほどではないけれど、やっぱりそれまでとは違う感覚がありました。
この副作用の出方も人によって異なるそうなので、この辺りも医師に相談しながら種類を決めるのが良いと思います。

ちなみに、私は飲み忘れ防止のため、21時にiPhoneのアラームをセットしています。
3か月目に入った今もアラームは流すようにしていて、ピルタイムを知らせる音が「もう21時か」ということも気付かせてくれ、1日の区切りにもなっています。

実際に飲んでみて|2か月目

ときどき感じる少しの吐き気と両ふくらはぎのむくみ感は依然としてありましたが、少し体が慣れてきたのかなという感じ。
1シート飲み終わる前に医師の診断があり、問題なさそうということでプラス2シート購入しました。
ピルを飲むこと自体も慣れてきて、すっかり生活の一部になってきました。

実際に飲んでみて|3か月目

2か月目まであった少しの吐き気や両ふくらはぎのむくみ感はかなり気にならなくなったような。
ときどきむくみを感じた時は、ベッドに横になって足を天井方向にあげたり、ヨガをして血流を良くしたり、お湯にゆっくり浸かるなどしています。

ピルを飲んで変化したこと

ピルを飲む前と後で変化したことはこんな感じ。

  • 一度の月経期間中の経血の量が3分の2〜半分くらいになった
  • 経血中の塊の量が減った
  • 2日目にときどきあった生理痛(痛み止めを飲むほどではない)は、ほぼ無くなっ
  • ホルモンバランスの上下による気持ちの起伏がそれまであったということに気づく(それまで気持ちの上下があったということもそんなに意識していなかったのですが、無いことでそれまであったということを自覚した)
  • ときどき口周りにできていた小さなニキビ予備軍たちやニキビが消えた
  • 妊娠の確率がほぼ無いという安心感がある。次の生理が来るまでドキドキしなくなった
  • 自分の性にコミットしている、ともに付き合っている、という自信のような感覚がある
  • なんとなく食べたくなりコンビニでジャンクフードを買う、ということがほとんど無くなった

あくまで私個人の感じ方ですが、こんな感じです。
Youtubeにはピルを服用されている、または服用されていた方の動画がたくさんありますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。私も情報収集にあたってたくさん助けられました。

まとめ

低用量ピルには良い面だけではなく、血栓症のリスクが高まるなど知っておくべきこともあります。
婦人科ではそのようなことも説明してくれた上で処方してくれますので、医師に相談し正しい知識を得た上で決めるのが良いと思います。

興味のある方、必要とされる方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました