使いはじめて1ヶ月|Apple Watchのお気に入り機能10

部屋と持ちもの

みなさま、おはようございます。

実は10月初旬にApple Watchを購入していました!
使い始めて1ヶ月が経ちましたので、毎日使うなかで気に入っているポイントをご紹介します。
その前に、まずは購入に至った経緯を少し共有しますね。

Apple Watchを購入しようと思った理由

Apple Watchは3くらいから気になっていて、自分でも情報を集めて、合うか合わないか?私だったらどんな風に活用するか?など考えを巡らせていました。

下の弟がWatchユーザーだったのもあり、以前から良いな〜と思っていましたが、入社間もない頃に買ったグランドセイコーやサーフウォッチの出番がなくなるのが受け入れられず、購入はずっと見送っていました。

しかし夏頃から私の中でWatch熱が再燃してきて、また色々調べるようになっていました。

在宅勤務が続いて運動量が減り不調を感じたり、毎日ヨガや時々の散歩の習慣ができて、これらを楽しく見える化したいなあなんて思うようになったのですね。
ただ、基本的には記録することがメインではなく「その習慣があること」が大事だと思っていたから、果たしてApple Watchで記録する必要が?という気持ちも拭えず。

でもやっぱり使ってみたい〜という気持ちは消えず、検討していたApple Watch SEのフェイスとソロループのサイズ確認のためApple Storeに行ったら、希望条件の在庫があったのでその場で連れ帰ってきました。

そんなふうにApple Watchライフがスタートしたのが一ヶ月前のことでした。

本題!お気に入り機能10

ここからは気に入っている機能、便利だなと日々感じる機能を10個ご紹介します!

ミー文字の文字盤

通常表示する文字盤にはミー文字を設定しています。
夫に似せていて、時間をチェックするたびにニコニコしてたり、眠そうにしているのが可愛くて癒されます。

文字盤を右にスワイプスするとよく使う機能を設定した文字盤に切り替わるので、すぐアクセスできるところも便利。

ソロループバンド

これはApple Watch自体ではなくバンドのことなのですが、このソロループがとっても快適。
今まで使ってきた時計に比べてムレもかゆみも気にならないし、バスタイム以外はつけっぱなしなので、手を洗ったり、料理や食器洗いの時は、ぐぐっと肘側に時計をずらせば濡れることもなくて便利。
そして何より、仕事やブログの執筆でPCを使う時に、手首の内側のバンド部分が全然邪魔にならない!
この点があまりに快適なので、普通のバンドにはもう戻れないかも、なんて思っています。

身に付ける前の状態は小さく見えますが、よく伸びてソフトにフィットするので良い感じです。
私は店頭で近似サイズをいくつか試して、一番好みのフィット感を選びました。

LINEとメールチェック

なぜかUnknownと出てしまっていますが、この写真は妹とのLINEです。
LINEだけでなくメールがWatch上でささっと確認できるのが便利。
メールはプライベートのものなのでほぼ返信不要なものだし、LINEもほとんどはWatch上の定型文または音声入力で返信することが多いです。
私はもともとiPhoneを手に取る頻度を減らしたいと思っていたので、この機能は重宝しています。

モバイルSuica

もともとiPhoneに入れていたモバイルSuicaもApple Watchへ。
基本在宅勤務になったので、出社時は社用PCを持っていかねばならず、トートだと体がつらいのでバックパックにしました。
そしたら改札前でわざわざiPhoneを出したり、それを見越してパンツのポケットに入れておくのが煩わしくて。
Watchになってからは快適になりました。AirPods Proの操作もWatchから出来るので、iPhoneはバッグに入れたまま。

アクティビティ

これもApple Watchならではの魅力的な機能。
ムーブ、エクササイズ、スタンドの3種を計測してくれるアプリ。
自分で目標を設定しているので、体を動かしてリングを閉じよう!と良いモチベーションになります。

私の設定している目標はこんな感じ。
出社前提の営業職だった頃は毎日外出があったので、必然的に毎日1万歩程度は歩いていましたが、職種が変わり在宅勤務になってからは本当に歩かなくなっていて。
そんな状況をまず知って、大体の運動量の目安をつけて目標設定するのに役立っています。

ムーブは毎日のヨガだけでは半分ちょっとくらいなので、30分程度のウォーキングがあると達成できる。
エクササイズは毎日のヨガで45分は達成できるけど、プラスで歩くことを忘れないためにい60分に設定。
スタンドは特にこだわりがないので提案された1時間に1回立つ目標で。

モチベーションの維持に繋がっていて楽しいです。
夫もApple Watchに少し興味を示しているので、アクティビティを夫婦で共有して、一緒に各々の目標達成を楽しめたらなーなんて思っています。

呼吸

こちらもお気に入りの呼吸アプリ。
私の設定では、1日3回、1分4呼吸することを、振動で教えてくれます。
1回たったの1分ですがとてもリラックスするので、自分のタイミングではないときに深呼吸を促されるのが新鮮で気持ちいいです。

アラーム

目覚ましもiPhoneと連携しているものの、Watchに教えてもらうので、寝室にはiPhoneを持ち込む必要がなくなりました。
そしてとても良いのが、振動で起こしてくれること。
音ではなく振動でも意外と気づくものですね。一緒に寝ている家族がいれば音で起こしてしまう心配がないのもいいですね。
ただ、時々夢と混ざって、目覚ましの振動が夢の中の状況と相まって自分の鼓動だと思っていたことが何度かありました。笑

タイマー

たかがタイマーなのですが、これまでは料理中など、置時計の時間をぱっと見てなんとなく10分とか見ていたのですが(特に鍋でご飯を炊くとき)、Watchを手に入れてからはさっと起動できるので、タイマーをよく使うようになりました。
こまめに時計を気にしなくてよく、振動で知らされるまでは他の作業に集中できるので個人的にお気に入り。

おやすみモード

こちらもiPhoneでおなじみの機能ですが、作業中など通知を受け取りたくないとき、さっと通知オフにできるのが気に入っています。
1時間だけ、とかこの場所を出るまで、というリミットも意外と便利でよく使います。
先ほどのタイマーもそうですが、iPhone同様の機能でありつつ、Watchだとすぐにアクセスできるのがとてもスムーズでストレスがないのですよね。

オートスリープ

最後は、こちらも有名ですがオートスリープというアプリ。
私は寝るときも装着しているので睡眠ログを取っているのですが、これが結構面白い。
主観的な「なんか今日はスッキリしないな」とか「夢をいっぱい見た気がする」というなんとなくの感覚ではなく、深い睡眠がどのくらいの時間あったか?という観点から把握できて面白いし、傾向も見えてきて参考になります。
日々の睡眠を良いものにしよう、という意識付けも強固になっています。

以上、Apple Watchを1か月使った私のお気に入り機能でした。
この一か月で、運動習慣や睡眠のモチベーションが上がって、それらをやりやすくするために生活習慣やルーティーンが洗練されてきた感じがあります。
これからも活用してまいりたいと思います♪最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました