機内持ち込み荷物の中身|コロナ禍渡航編

みなさま、おはようございます。
今日は飛行機の中に持ち込む、身の回りの品の荷物について備忘として書いておきます。

このことは以前も記事にしていて、未だに定まっていない状態です。笑

機内持ち込み手荷物「身の回りの品」試行錯誤
飛行機の旅で不可欠な機内持ち込み手荷物。その中の「身の回りの品」バッグの中身について思考錯誤しています。何をどんな風に持ち込むのがよいのか、また、理想の貴重品バッグの条件について考えます。

今回の荷物は比較的スムーズに決まりましたが、特殊な状況です。
特別便で現地空港に到着、コロナ関係の書類提出&審査&クイックテスト、イミグレーション、スーツケースをピックアップしたら予約していた車両に乗車して隔離ホテルへ、という流れでした。
なので、空港に着いてホテルや観光へ、という流れであれば、やはり荷物は変わるよなあ、とも思っています。
というわけで今回は「コロナ禍渡航編」としておきたいと思います。

荷物全体はこんな感じです。

バッグ

以前の記事で「機内持ち込みの身の回りの品用のバッグとしてはもう使わないかな」と言っていたロンシャンを使っています!

渡航に合わせて持ち物をさらに減らしたことと、「いつも使うものをいつも使う良さ」に気づいたこともあって、今回はこちらを使いました。

空港に着いてから出るまで、書類、パスポート、そしてQRコード提示のためのスマホの出し入れが多いので、ショルダーストラップをつけて両手が空く状態にしておいたのは正解でした。

ちなみに、この写真を撮った段階ではバッグは普通の状態ですが、実はスーパーのレジ袋の取っ手部分をショルダーストラップと一緒に固定して、バッグ全体にレジ袋をかけていました。

消毒液をかけられる可能性があったので、身の回りの荷物バッグにはレジ袋、バックパックには雨カバー、スーツケースにはビニールカバー&宅配時にかけてもらったカバーをして、びしょびしょになってもバッグにダメージがないように準備していきました。

実際は、隔離ホテルに着いた時にスーツケースに消毒液をかけられただけで、その他はなんともなかったのですが。

書類ファイル

コロナ渦の海外渡航で一番あって良かったと思うもの、それがこのファイル!

シーンごとに必要な書類が違ったり、念のため持っておきたい航空会社からの書類や配偶者の身分証コピー、隔離ホテルや車両の予約書もすべてプリントアウトしていたので、普通のクリアファイルだと分類のため複数に分けなくてはならず、使いにくいなあと感じていました。

そこで、PCR検査&陰性証明書受領のため都内に滞在していた時に、文具屋さんでこちらを見つけて購入しました。

4つのポケットとジッパー付きのポケットが1つあって、ポケットには書類を分類しながら収納。
ジッパー付きのポケットには、ジップロックの袋にまとめた領収書や、SIM交換のための一式など細かいものを入れるのに重宝しました。

外側のカバーにはある程度の硬さがあるので、バッグの中でも書類が折れず、また書類やパスポートを表紙の上に乗せて、自分の番が来るまで列に並ぶことができ、便利でした。簡単なメモや書類の記入も、テーブルがなくてもこのファイルの上でできるかも。

私のロンシャンのバッグにも入りますが、サイズ的にはぎりぎりでした。十分使用できたので問題なしですが、バッグのジッパーは閉まらないので、そのような場合には合わないかも。

速乾タオル大、小

こちらは昨日の記事でも書いた通り、ブランケット代わりと、ハンカチ代わりです。

渡航時の服装が、薄手のタートルネックニットにウルトラライトダウンで、機内で寒さを感じることはなかったのであまり使いませんでしたが、それでもあると安心。

小さいサイズはハンカチとして使いますし、雨に濡れた折り畳み傘を包んだりと、重宝しました。
お風呂の時に洗って干せばすぐ乾くのも良いところです。

スリッパ

これは今回初めて導入しましたが、なかなか良かったです。
前乗りしたホテルでもらったスリッパを持ってきて、飛行機の中で履き替えました。
夜の便でむくみそうだな〜と思っていたし、愛用のスニーカーはフィット感があるのものだったので、少しでもリラックスしたくて。

飛行機がそろそろ着陸態勢に入る前、スリッパからスニーカーに履き替えたらきつく感じたので、やっぱり履き替えて良かったです。

小物ポーチ

ポーチの中身は、ビニール袋やウェットティッシュ、念のための生理用ナプキン2枚など。

万年筆はかつて一度漏れたことがあるので、出発前にビニールに包みました。

AirPods Proは、機内でのノイズキャンセリングに活躍。
目と頭が疲れそうなので機内では映像は見ず、ぼーっとしながら、または目を閉じて考え事をしたり、瞑想するのが好きです。

あとは鏡や、前泊したホテルでもらった蒸気でホットアイマスク、考え事を整理するためのノートとペンが入っています。

このポーチは日頃から愛用していて、あまりの使いやすさに、貴重品入れとしても追加購入しました。無印の「ナイロンメッシュケース・ポケット付き」です。

ナイロンメッシュケース・ポケット付き | 無印良品
メモ帳や事務小物など細々としたものを入れておくのに便利な内ポケット付きです。中身が見えて管理がしやすい、軽くて丈夫なメッシュ素材でつくりました。外寸:約18.5×26×1cm

スカーフ

機内で寒いかな、と思い念のため入れておいたスカーフ。大判で使いやすい、祖母の形見です。

以上、今回の機内持ち込みの身の回りの品の荷物でした。
今回は日系航空会社でしたが、これがLCCなどの場合、クリーンエリアで調達した水を入れたタンブラーや軽食などを持ち込むかなとも思います。

また旅の機会があれば、備忘として共有しますね♪

タイトルとURLをコピーしました