洗面台はすっきりが一番|無印吊るせるポーチを日常使い

住まいと暮らし

みなさま、おはようございます。
洗面台、クローゼット、アクセサリーボックス、バッグ、お財布の中身紹介…見るのも書くのも好きな私です。
今日は、洗面台について共有したいと思います。
写真がモノクロで少し見にくいかもしれませんが、よろしければお付きあいくださいね。

洗面台全体

こんな感じです。
目の前の壁には大きな鏡があって、壁面の収納はありません。

見えるところに置いてあるのは、手洗い用の石けんと、

歯ブラシと配偶者のシェーバー。
ガラスびんは配偶者が買ったプリンが入っていたものをリユースしています。
小さめでかわいいサイズ感。私が水彩をするときに水を入れるびんとしても別に確保してあります。
こんなちょっとした入れものも、木やガラスなど好きな素材のものだと嬉しかったり。
愛用の歯ブラシも持ち手の部分は木↓

私のものの収納場所

収納は、洗面台の下に小さな引き出しが1つあって、そこは配偶者用にしています。
私のものはというと…

洗面台の下のちょっとものが置けるところ。
これまで旅のときに使っていた無印の吊るせるポーチを普段使いしています。
大きい方には毎日は使わないけれど週に何度か使うもの、小さい方には毎日使うものを。

使うときだけこうして隅っこに出しています。
清掃が入るときに出しっぱなしだと掃除しにくいだろうなと思うのと、配偶者が手を洗ったりすると加減がおかしいせいか水が飛んで濡れたりするので、出すのは使うときだけにして、基本的にはしまっています。

毎日使う吊るせるポーチの中身

中身はこんな感じ。
日焼け止めは塗らずに帽子だけかぶって近所に出かけてしまうこともあるけれど、ここにあるのは毎日使うもの。
旅にもこのセットのまま持っていきます。

まとめ

どの家に住んでもなぜか大好きな洗面台まわり。
使うものが少ないと、小さな洗面台でも大きな洗面台でも置くものは変わらないから、特に困らないものですね。
また少しずつ身のまわりのものを紹介していきますので、ぜひ遊びに来てくださいませ。
最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

タイトルとURLをコピーしました